インプラントで歯科選びに迷ったら矯正歯科へ|素敵なSMILEを

女性

綺麗な歯並び

歯科

矯正歯科で歯並びを良くすることでどんないいことがあるのでしょうか。まずは見た目ですよね。歯並びが良い人ってついつい目がいってしまいますよね。そのくらい魅力的なんです。笑っている笑顔もステキですし、歯並びがいいということで自分の笑顔にも自信を持つことができるのであります。かみ合わせが良くなることで、歯や顎の関節の機能が正常に行われるようになるのです。これは全身のバランスにも関わってくることなのです。全身のバランスが崩れてくることで顔が歪んできたり、頭痛がするというような症状が出て来るのです。今まで薬を飲んでいても頭痛が治らなかったということありませんか?そおれはかみ合わせが悪かったという可能性が高いです。噛み合せというのは全身の健康も司っているということなんですね。また、歯並びが良くなることで虫歯や歯周病になりにくいということが言えます。また、キレイな歯列にすることで磨きやすくなりますので磨き残しゼロに近づけるのです。

矯正歯科で治療を行うときには器具をつけますよね。その器具にも種類がああるのです。大きく2つに分けることができるのです。歯の表側につけるものと裏側につけるものなんです。一昔前までは歯の表側に装着する金属タイプしかありませんでした。ですので、矯正をするということになってもかなり抵抗があったんですよね・・・。しかし今では様々な種類が出てきているのです。まずは表に装着するタイプからご紹介します。一般的に使用されれているのは金属製のものですね。ニッケルやクロムという素材が多く使用されております。これらの素材というのは長時間装着していても変色したり変形をすることはないのです。但し、金属アレルギーの人は症状が出てしまいますので、最初に検査をしなくてはなりません。また、表につけるタイプは金属製だけではなく透明なものもあるのです。これなら装着をしていても目立ちにくいので非常につけやすいのです。次は歯の裏側に装着するタイプの紹介です。歯の裏側につけることで目立たないというのが一番のメリットですよね。しかし、最初のうちはしゃべりにくい、表につけるよりかは割高ということが言われております。仕事などでどうしても表につけることが出来ないという人には大変オススメですね。最近では装着期間も表につけるタイプと変わらないようになってきましたよ。どちらを選ぶかはじっくりと検討してみてくださいね。

Copyright© 2016 インプラントで歯科選びに迷ったら矯正歯科へ|素敵なSMILEをAll Rights Reserved.